メールマガジン 週刊「理容室・美容室の経営法務」 バックナンバー
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
  週刊「理容室・美容室の経営法務」 創刊号 2005年10月19日発行
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
+=================================+
     <発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行>
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazine@ribiyou6pou.com
+=================================+
□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○今週の記事
   ・創刊のごあいさつ
   ・このメルマガで扱う記事について
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ★☆★☆★創刊のごあいさつ★☆★☆★

 みなさま、はじめまして。
 週刊「理容室・美容室の経営法務」発行者、行政書士の森という者です。
 このメルマガを見つけていただき、ありがとうございます。
 今後とも、どうかよろしくお願いいたします。

 まずは簡単な自己紹介から。
 私はかつて、理容室・美容室のチェーン展開をしている会社で総務・経理関
係仕事をし、この間に理美容業界についてさまざまなことを学びました。
 そして、今年になって独立し、行政書士事務所を開業しました。
 これからは主に理容室・美容室の経営者の方や、これから独立して経営者に
なろうとしている方を対象に、理容・美容サロン経営に必要な行政手続や法律
手続きの代行業務を行っていく予定です。

 現在、理容室・美容室を取り巻く環境も、大きく変わりつつあります。
経済環境の変化や、お店同士の競争の激化など、理容・美容サロンの経営者の
方は、さまざまな経営上の問題点に直面していることと思います。

 近年はさらに、理容・美容のサービス内容についての法規制の問題や、個人
情報保護法の施行に伴う、顧客名簿やカルテの管理などの問題、また、来年か
ら施行される予定の新しい会社法への対応など、法律的な面でも、何らかの対
策をとる必要が生じてきています。
 また、個人事業主を狙った悪質な詐欺商法の横行から、自分のお店を守るた
めの法律知識も、必要とされる時代になってきています。

 このメルマガでは、このような理容室・美容室の経営に必要な行政手続や法
律知識について、さまざまな記事を配信していきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        <第0回:このメルマガで扱う記事について>

 今後、このメルマガで配信する記事ですが、例えば

○理容室・美容室の開業手続き
 ・新しく理容室・美容室を開業する際に、どのような手続きが必要か?
 ・新規開業するお店の設備面で、なにか注意することはあるか?
 ・現在個人営業のお店を法人化するには、どんな手続きが必要か?

○衛生管理について
 ・日常の衛生管理について、注意すべきことは何か?

○業務・サービス内容について
 ・理容と美容の業務範囲について、違いは何か?
 ・理容・美容の出張サービスは、どんな場合に出来るか?
 ・違法となるサービス内容は何か?
 ・店販商品をインターネットで販売する際に注意することは?
 ・外国からシャンプー等を輸入して、お店で販売する場合に注意すること

○顧客名簿やカルテの管理について
 ・個人情報保護法について、どのように対応すればよいか?
 ・「プライバシー・ポリシー」と何か?
 ・独立した元スタッフが、顧客名簿を持ち出す場合の対策は?

○個人営業のお店を法人化するのに必要な手続きについて
 ・来年施行される「新会社法」の内容については?
 ・「新会社法」で新たに設立できる「合同会社」については?
 ・「新会社法」施行後の有限会社の取り扱いについては?

○お客様とのトラブルについて
 ・パーマをかけたお客様から、皮膚がかぶれたと苦情が来た場合は?
 ・ストレートパーマをかけたお客様が大量の脱毛をしてしまった場合は?
 ・お客様からお預かりした荷物を紛失してしまった場合は?
 ・お客様が店内で足を滑らせて転倒して怪我をしてしまった場合は?

○オーナー・スタッフ間のトラブルについて
 ・チームワークを極端に乱すスタッフを解雇することは出来るか?
 ・男性スタッフが女性スタッフにセクハラをした場合、お店の責任は?
 ・「講習料」の名目で、スタッフの給与を天引きすることは許さるか?

○取引先や大家さんとのトラブル
 ・大家さんが家賃の値上げを通告してきました、どうするか?
 ・借りている店舗に欠陥がある場合、どうすればよいか?
 ・保証金の返還を巡ってもめている場合、どうすればいいか?

○その他のトラブル
 ・取引先から、保証人になってくれと頼まれ場合、どうするか?
 ・お店名義で契約した訪問販売は、クーリングオフ出来るか?

など、理容室・美容室の経営者の方や、これから独立して経営者になる予定の
理容師・美容師の方に役立つ様な記事を、順次書いていこうと思っています。

なお、「これも書いてほしい!」というテーマや、「これを早く知りたい!」
といったテーマがございましたら、メールにてリクエストしてください。

 ちなみに、私が管理するサイト『理美容六法.com』でも、同様の記事を
掲載しておりますが、このメルマガではより気軽に読めるように、あえて細か
い点は切り捨て、よりくだけた表現で書いていこうと思っています。
 また、お客様との会話に役立つような、時事のニュースについての記事も
配信していきたいと思っています。

 なお、理容・美容サロンの経営に必要な行政手続・法律知識について、もっ
と詳しく知りたいという方は、
『理美容六法.com』 〜理容室・美容室の経営法務相談所〜
 http://www.ribiyou6pou.com/
をご覧ください。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<ご注意>
 当メルマガの記事は、法律の専門家では無い方を対象に、なるべく解り易く
読んで頂けることを基本コンセプトにしております。したがって、内容の厳密
さという点では、多少いたらない点もございます。
 実際にこの記事に書かれているようなトラブルを抱えている方につきまして
は、当事務所もしくは他の法律専門家の方に、個別に相談されることをお勧め
いたします。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<編集後記>
 今回、はじめてメルマガを発行させていただきました。実は、私はメルマガ
を発行すること自体が、初めての経験なのですね。
 果たして誰か読んでくれるのか? ずっと読者ゼロだったらどうしようか?
 そんな心配も、ないことはありません。とりあえず、これが最初の一歩。
私の座右の銘:「千里の道も一歩より始まる」
とにかく、毎週1号で1年で52号。まずは第100号まで続くよう努力しま
すので、それまでお付き合いいただければ幸いに存じます。

■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
 ○発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazine@ribiyou6pou.com
 ○本誌に掲載した記事内容の無断転載・転用・転送は一切お断り致します。
■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
    Copyright (C) 2005 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.
        |創刊号|→ 第2号

メルマガ登録・解除
週刊「理容室・美容室の経営法務」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
このページは、サブウィンドウを使用して表示されています。
読み終えましたら、このウィンドウを閉じていただければ、メインページに戻ります。
検索エンジン等から直接このページに来訪された方は、こちらをクリックしてください。
『理美容六法.com』 ‐理容室・美容室経営の法律知識‐
Copyright (C) 2005 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.