メールマガジン 週刊「理容室・美容室の経営法務」 バックナンバー
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
  週刊「理容室・美容室の経営法務」 第2号 2005年10月26日発行
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
+=================================+
     <発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行>
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazine@ribiyou6pou.com
+=================================+
□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ○今週の記事
   ・Yahooカテゴリ登録のお知らせ
   ・個人事業主を狙った悪徳商法に注意!
   ・理容室・美容室の開業手続き
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさま、こんにちは!行政書士の森です。昨日から、当事務所のウェブ
 サイト『理美容六法.com』〜理容室・美容室の経営法務相談所〜が、
 Yahooのカテゴリに登録されました! 登録カテゴリは

 トップ>ビジネスと経済>ショッピングとサービス>美容、ボディケア>
 ヘアケア>理容・美容室>リンク集と総合情報 です。アドレスは

 このメルマガともども、どうかよろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆個人事業主を狙った悪徳商法に注意!☆★

 24日月曜日の「めざましテレビ」でも報道されていましたが、最近、個人
事業主を狙った悪徳商法が増えています。もともと、彼らは一般消費者を「食
い物」にしていたのですが、近年は消費者契約法や特定商取引法などの法律が
整備され、また消費者の側もインターネットなどを通じてクーリング・オフの
制度をよく知るようになり、彼らも「商売がやりにくく」なったのですね。

 また、資格試験ブームに乗り、行政書士などの法律家が増えた結果、クーリ
ング・オフなどの仕事を積極的に請け負うようになったことも、理由のひとつ
です。わたしも、その一人ですが・・・m(_ _)m

 その結果、彼らは消費者契約法などの法律が、原則として適用されない個人
事業主をターゲットにするようになってきたのです。

 彼らの典型的な手口は、例えば契約書に「森六郎」と個人名でサインさせる
のではなく、「○○美容室 森六郎」と、店名でサインさせたり、店名の入っ
たゴム印を押させて、契約をせまるやり方です。

 これですと、契約したのは「個人 森六郎」ではなく、「事業主 森六郎」
になるので、原則としてクーリング・オフができないのですね。

 しかし、実は、絶対にクーリング・オフができないとは限りません。
判例(裁判の例)で、理髪店の店主がIP電話の契約を自宅兼お店用に契約し
た場合に、クーリング・オフが認められた例があります。認められた理由を、
すごく大雑把にいいますと、

「理髪店がシャンプーを購入する場合には、『事業者』としての購入といえる
が、自宅兼用のIP電話を購入する場合には、『事業者』としての購入とはい
えない。理髪店主は電話機の購入に関してのプロではないので、その点では
『消費者』と変わらない」からというものです。また、同じような理由で、
自動車販売会社が消火器を訪問販売で購入した場合にも、クーリング・オフが
認められた例があるのです。

 もちろん、いつもクーリング・オフが認められる訳ではないのですが、もし
身に覚えのある方は、一度最寄の行政書士などに相談してみてください。クー
リング・オフは時間が勝負なので、一日でも早い対応が必要です。もちろん、
当事務所でも受け付けていますので、よろしくお願いします・・・m(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆理容室・美容室の開業手続きについて☆★

 さて、今回は最初の記事ということで、かなり基本的な話なのですが、理容
室・美容室の開業手続きについて書いていきたいと思います。
 すでに開業済みの方には退屈かもしれませんが、これから独立・開業をお考
えの方は、ぜひ参考にしてください。

 まず、大前提なのですが、理容室を開業するためには、理容師免許を持って
いなければなりません。美容室を開業するためには、美容師免許を持っていな
ければなりません。

 ただし、理容室を開業しようとする経営者自身が理容師免許を持っていなく
ても、理容師免許を持っている人間を雇うことによって、開業することも出来
ます。開設者は法人でもOKです。美容室でも同様の扱いです。

 なお、法律上は、理容の業を行うために設けられた施設のことを「理容所」
美容の業を行うために設けられた施設のことを「美容所」といいます。
「理容所」「美容所」って、一般にはあまり言いませんよね。普通は理容室、
理容店、理容院、理髪店、床屋、美容室・美容院と呼んでいますが。
 
 理容師(美容師)は、理容所(美容所)以外において、その業をしてはなり
ません。ただし、「政令で定める特別の事情がある場合」には、理容所(美容
所)以外の場所においてその業を行うことができます。
 どういう場合が「特別な事情」にあてはまるのかについては、また別の日に
取り上げていきます。

○管理理容師・管理美容師について
 理容師(美容師)である従業者の数が常時2人以上である理容所(美容所)
の開設者は、その理容所(美容所)を衛生的に管理させるため、理容所(美容
所)ごとに、管理理容師(管理美容師)を置かなければなりません。
 管理理容師(管理美容師)は、理容師(美容師)の免許を受けた後3年以上
理容(美容)の業務に従事し、かつ、特定の講習会の課程を修了した者でなけ
ればなりません。

 「理容師(美容師)である従業者の数が常時2人以上」ですので、事務や清
掃に携わる従業員や、いわゆる見習い従業員はカウントされません。
 なお、理容所(美容所)の開設者が管理理容師(管理美容師)となる資格を
有している場合、その開設者自身が管理理容師(管理美容師)になることも出
来ます。
 ただし、その開設者自身が自ら主として管理する一の理容所(美容所)につ
いてのみに限られます。要するに、「本店」と「支店」の管理理容師(管理美
容師)を、開設者自身が兼任することは出来ないということになります。

○開設届の記載事項
 理容所(美容所)を開設しようとする者は、あらかじめ次に掲げる事項を記
載した届出書を提出しなければなりません。

1:理容所(美容所)の名称及び所在地
2:開設者の氏名及び住所
  (法人にあっては、その名称、所在地及び代表者の氏名)
3:管理理容師(管理美容師)の設置義務がある理容所(美容所)の場合は、
  管理理容師(管理美容師)の氏名及び住所
4:理容所(美容所)の構造及び設備の概要
5:理容師(美容師)の氏名及び登録番号並びにその他の従業者の氏名
6:理容師(美容師)につき、結核、皮膚疾患その他特定の伝染性疾病がある
  場合には、その旨
7:開設予定年月日

 なお、都道府県(または東京都の特別区、保健所の設置市)によっては、他
にも書類を必要とする場合もあります。詳細はお店を開店しようとする場所の
保健所にお尋ねください。

○その他の必要書類
・理容師(美容師)について、結核、皮膚疾患その他特定の伝染性疾病の有無
 に関する医師の診断書
・管理理容師(管理美容師)の設置義務がある理容所(美容所)の場合は、管
 理理容師(管理美容師)の資格を証する書面
・外国人が届出をする場合は、外国人登録証明書

○提出先
 その理容所(美容所)の所在地の都道府県知事に提出します。
 ただし、保健所を設置している市については市長に、
 東京都の場合は特別区の区長に提出します。

○検査確認手続き
 開設の届出が済んだからといって、すぐに営業を開始していいわけではあり
ません。
 開設の届出をした理容所(美容所)の開設者は、その理容所(美容所)の構
造設備について、都道府県知事(保健所を設置している市については市長、東
京都の場合は特別区の区長)の検査を受け、その構造設備が一定の衛生基準を
満たしていることの確認を受けた後でなければ使用してはならないとされてい
ます。なお、この「一定の衛生基準」については、別にテーマを設けて取り上
げていきます。
 この検査確認が終了した後で、営業を開始することが出来ます。

 なお、開設届けをせずに営業を開始した場合や、虚偽の届出をした場合、
また上記の検査確認を経ないで営業を開始した場合は、30万円以下の罰金に
処せられます。
 法人の代表者、法人や個人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又
は個人の業務に関して上記の違反行為をしたときは、行為者はもちろん、その
法人や個人に対しても、30万円以下の罰金に処せられますので注意してくだ
さい。

○税務署に対する手続き
 個人が新しく開業する場合には、税務署に対して開業届出書を提出すること
が必要です。提出期限は開業後1ヶ月以内です。
その他、必要に応じて

・所得税の青色申告承認申請書
・青色事業専従者給与に関する届出書
・給与支払事務所等の開設届出書
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に関わる
 納期限の特例に関する届出書

などを提出してください。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<ご注意>
 当メルマガの記事は、法律の専門家では無い方を対象に、なるべく解り易く
読んで頂けることを基本コンセプトにしております。したがって、内容の厳密
さという点では、多少いたらない点もございます。
 実際にこの記事に書かれているようなトラブルを抱えている方につきまして
は、当事務所もしくは他の法律専門家の方に、個別に相談されることをお勧め
いたします。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<編集後記>
 10月も下旬となり、すっかり秋になりました。私は柿や梨、栗が好きです
ので、とても楽しみな季節です。
 でも、私は寒がりなので、この先は少し厳しい季節になります・・・
 昨日は、久しぶりにおでんを食べました。とても美味しかったのですが、実
は私は名古屋生まれ・名古屋育ち(現在は金沢在住)なので、おでんに味噌を
つけて食べるのが好きです。しかし、あまり家族の理解は得られず・・・
 愛知万博、行きたかったのですが行けませんでした。読者の方で行った方が
お見えでしたら、感想などお聞かせください。それでは、次号もよろしくお願
いします。

■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
 ○発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazine@ribiyou6pou.com
 ○本誌に掲載した記事内容の無断転載・転用・転送は一切お断り致します。
■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
    Copyright (C) 2005 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.
創刊号へ ←|第2号|→ 第3号

メルマガ登録・解除
週刊「理容室・美容室の経営法務」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
このページは、サブウィンドウを使用して表示されています。
読み終えましたら、このウィンドウを閉じていただければ、メインページに戻ります。
検索エンジン等から直接このページに来訪された方は、こちらをクリックしてください。
『理美容六法.com』 ‐理容室・美容室経営の法律知識‐
Copyright (C) 2005 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.