メールマガジン 週刊「理容室・美容室の経営法務」 バックナンバー
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
  週刊「理容室・美容室の経営法務」 第13号 2006年1月18日発行
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
+=================================+
     <発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行>
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazines@ribiyou6pou.com
+=================================+
□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
 ○今週の記事
  ・今週の話題:代金を踏み倒して逃げると何罪?(2)
  ・耳寄り情報:15ヶ月間で15kgのダイエット法(2)
  ・法律の知識:理容・美容の出張サービス
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

★☆今週の話題:代金を踏み倒して逃げると何罪?(2)☆★

 みなさま、こんにちは! 行政書士の森です。
今週も、どうかよろしくお願いいたします。

 さて、前回の続きなのですが、最初から代金を支払う意思がないのに、理容
室・美容室で、カットやパーマの施術を受けた人間が、そのまま逃げてしまっ
た場合には、原則として詐欺罪となります。
 この場合、「何も盗っていない」ので窃盗罪とはならないのですね。ただし
代金を支払う意思がないのに、カットやパーマのオーダーをすることが「騙し
ている」ことになるので、詐欺罪となるのです。

 なお、ここでポイントとなるのは、代金を支払わずに逃げてしまった人間が
「最初から」代金を支払う意思がなかったかどうかです。どういうことかとい
いますと、例えば最初はきちんと代金を支払う意思があって、カットやパーマ
をオーダーした人が、施術中に財布を忘れたことに気付いたなど、何らかの理
由によって「魔が差し」、施術後にさっと店を出て、そのまま逃げてしまった
ような場合には、詐欺罪も窃盗罪も成立しない可能性があるのですね。

 ただし、「なるほど、そうすればいいのか」などと、良からぬ事を考えて、
それを実行してしまいますと、「最初から」踏み倒すつもりでやったことにな
り、詐欺罪が成立しますので念のため。この記事を読んでしまった以上、「最
初は代金を支払う意思があったんだ」という言い訳は通用しませんので、あし
からず(笑)。また、実際に逃げてしまった以上、そのあと警察官などにつか
まってしまった場合にも、同様に「最初から逃げるつもりだったのだろう!」
という具合に取調べを受けることになるでしょう。

 また、お店の外に出る際に、店員に「財布を忘れたので取りに行ってくる」
とか、「ちょっとトイレに行ってくる」などとうそを言って、そのまま代金を
踏み倒したような場合にも詐欺罪が成立することになります。
 したがって、施術中、ないし施術後に、お客様に何やら不審な素振りがある
ような場合には、やんわりと「どうかなさいましたか」と声をかけておくこと
が、ひとつのポイントになるわけですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆耳寄り情報:15ヶ月間で15kgのダイエット法(2)☆★

 さて、みなさま、大変お待たせいたしました。行政書士森法務事務所主催の
「ダイエット・セミナー」です(笑)。
 私が一昨年の1月から実行し、その後の15ヶ月間で15kgのダイエット
に成功したダイエット法とは、次のようなものでした。

1.朝食は「生姜入りの紅茶」と「ニンジンベースの野菜ジュース」を、それ
  ぞれ1杯(約200ml)ずつ摂取。
2.昼食は「おにぎり2個」または「そば1杯」、あるいはそれに準ずるカロ
  リーの食べ物を軽く摂る。
3.間食はお菓子(和菓子がベター)を「1口〜2口程度」と「生姜入りの紅
  茶」のみ。
4.夕食は、いつもの通り。「好きなものを好きなだけ」食べる。ただし、だ
  からといって暴飲暴食はしない。
5.運動は軽めに。エレベーターを使用せず、階段を使うといった程度。
6.冬は、お腹に使い捨てカイロをあてる。
(参考文献:どんな病気も「温めれば治る!」 石原結實著 ワニ文庫)

 前回書きましたように、このダイエット法で使用するものは「生姜」と「生
姜おろし器」と「野菜ジュース」、それから「使い捨てカイロ」というように
お近くのスーパーで取り扱っているような品物ばかりで、しかもそれほど高価
なものではありません。また、スポーツクラブに毎日通うといったような運動
も、ほとんどしていないのですね。

 それでは、次回から上記の1〜6について、具体的に書いていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆法律の知識:理容・美容の出張サービス☆★

 最近では、特に高齢者の方を対象に、特定養護施設などに出張してサービス
を行う理容師・美容師の方が増えています。容姿をきれいに整えることで、精
神的にも気持ちが若返ったり、活力が生まれるなど、「ケア」の効果もあり、
社会的にみてもとても有益な取り組みだと思います。
 また、今後の「超高齢社会」を迎える日本において「出張理美容サービス」
の需要は、ますます増えることが予測されることから、新たなビジネス・チャ
ンスでもあると思われます。

 さて、このような「出張理美容サービス」は、法律上はどのように位置づけ
られるのでしょうか?

 「理容師法」では、理容師は、理容所以外において、その業をしてはならな
いのが原則とされています。美容師についても同様に定められています。
 ただし、「政令で定める特別の事情」がある場合には、理容所・美容所以外
の場所においてその業を行うことができます。

 この「政令で定める特別の事情」とは、以下の場合です。
 (理容師法施行令・美容師法施行令) 

 1.疾病その他の理由により、理容所・美容所に来ることができない者に
   対して理容・美容を行う場合
 2.婚礼その他の儀式に参列する者に対してその儀式の直前に理容・美容を
   行う場合
 3.その他、都道府県が条例で定める場合

 3の「都道府県が条例で定める場合」は、各都道府県によって異なります。

 ○東京都 理容師法施行条例

  ・山間部等における理容所・美容所のない地域に居住する者に対して、
   その居住地で施術を行う場合
  ・社会福祉施設等において、その入所者に対して施術を行う場合
  ・演劇に出演する者等に対して、出演等の直前に施術を行う場合

   素朴な疑問・・・東京都内で「山間部等における理容所のない地域」
  というのがあるのでしょうか? もしかして、伊豆諸島や小笠原諸島
  (東京都に属する)にはあるかもしれませんね。

 ○大阪府 理容師法施行条例

  ・社会福祉法第2条第2項第1号から第6号までに掲げる事業を行う
   施設に入所している者に対して理容・美容を行う場合とする。

  「社会福祉法第2条第2項第1号から第6号までに掲げる事業」とは、
  以下の通りです。(一部省略)

  ・生活保護法に規定する救護施設、更生施設等を経営する事業 
  ・児童福祉法に規定する乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、
   知的障害児施設又は児童自立支援施設等を経営する事業 
  ・老人福祉法に規定する養護老人ホーム、特別養護老人ホーム又は
   軽費老人ホームを経営する事業 
  ・身体障害者福祉法に規定する身体障害者更生施設、身体障害者療護
   施設、身体障害者福祉ホーム等を経営する事業 
  ・知的障害者福祉法に規定する知的障害者更生施設、知的障害者福祉
   ホーム又は知的障害者通勤寮等を経営する事業 
  ・売春防止法に規定する婦人保護施設を経営する事業

   要するに、これらの施設の入所者に対しては、その施設に出張して
  理容・美容を行うことが出来るということになります。
   ただし、大阪府の場合、これらの施設で理容、美容を行うときは、
  消毒を行うために必要な薬品を常に携帯しなければならないと規定
  されています。

 なお、他の都道府県の条例については、Googleなどの検索エンジンで
例えば「石川県美容師法施行条例」をキーワードに検索していただければ、調
べやすいと思います。

 ところで、これらの出張サービスは、特定の理容所、美容所に所属していな
い理容師、美容師でも出来るとされています。
(昭和26年10月1日 衛環第113号 厚生省通達)
 したがって、固定的な店舗を持たず、「出張専門」にサービスを行うことも
できることになりますが、その場合でも衛生管理面などの規制がありますので
開業の際には必ず開業予定地の保健所などに確認してください。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<ご注意>
 当メルマガの記事は、法律の専門家では無い方を対象に、なるべく解り易く
読んで頂けることを基本コンセプトにしております。したがって、内容の厳密
さという点では、多少いたらない点もございます。
 実際にこの記事に書かれているようなトラブルを抱えている方につきまして
は、当事務所もしくは他の法律専門家の方に、個別に相談されることをお勧め
いたします。

 ※当事務所ではすでに起きてしまった法的なトラブルに対する示談交渉、
  和解、訴訟代理等の業務は行っておりません。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<編集後記>
 先日、5歳の娘に「ウ○コはどうして臭いの?」と尋ねられました。
(食事中の人、ごめんなさい。m(_ _)m 今回は配信時間を遅めにしました。)
 これ、簡単そうで難しい質問ですよね。とくに5歳の子供に理解できるよう
に説明するのは。最初に私の頭をよぎったのは「アンモニア」という単語、で
も、このような「化学的=理系的」な説明では、子供には理解できない。さて
困った!

 で、どうしたか? 頭を「哲学的?=文系的」に切り替えて答えました。
「じゃあ、もしもウ○コからいい香りがしたら、どうなると思う?」
「赤ちゃんが食べ物と間違えて、口に入れてしまうかもしれない。」
「じゃあ、もしもウ○コに全く臭いがなかったらどうなると思う?」
「赤ちゃんがウ○コをしても、オムツを替えてあげられないかもしれない。」
「それに、道端にウ○コが落ちていても、気が付かずに踏んでしまうかもしれ
ないよね。だからウ○コは臭いんだよ。」・・・一応、納得してくれました。

 で・・・なんでこんなことをメルマガの編集後記に書くのか・・・
実は、これにはちゃんとした理由があります。それはまた次回にて。

 それでは、次号もよろしくお願いいたします。

■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
 ○発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazines@ribiyou6pou.com
 ○本誌に掲載した記事内容の無断転載・転用・転送は一切お断り致します。
■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
    Copyright (C) 2006 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.
第12号へ ←|第13号|→ 第14号

メルマガ登録・解除
週刊「理容室・美容室の経営法務」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
このページは、サブウィンドウを使用して表示されています。
読み終えましたら、このウィンドウを閉じていただければ、メインページに戻ります。
検索エンジン等から直接このページに来訪された方は、こちらをクリックしてください。
『理美容六法.com』 ‐理容室・美容室経営の法律知識‐
Copyright (C) 2006 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.