メールマガジン 週刊「理容室・美容室の経営法務」 バックナンバー
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
  週刊「理容室・美容室の経営法務」 第23号 2006年3月29日発行
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
+=================================+
     <発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行>
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazines@ribiyou6pou.com
+=================================+
□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
 ○今週の記事
  ・今週の話題:新会社法の施行日が5月1日に決定見込み
  ・耳寄り情報:理美容室経営者のためのSEO対策法(3)
  ・法律の知識:新会社法で株式会社はどうなるのか?(5)
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

★☆今週の話題:新会社法の施行日が5月1日に決定見込み☆★

 みなさま、こんにちは! 行政書士の森です。
今週も、どうかよろしくお願いいたします。

 さて、今このメルマガで取り上げている「新会社法」の施行日ですが、今年
の5月1日になる見込みである事が判明しました。GW明けの5月8日という
見方もあったようですが、結局1日で落ち着いたようです。
 今回の「新会社法」は、中小企業のための改正と言われ、事実、中小企業の
オーナーにとっては、経営に直接影響するような項目が数多く定められていま
す。
 その内容については、引き続きこのメルマガで取り上げていきますので、ど
うか今後ともよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆耳寄り情報:理美容室経営者のためのSEO対策法(3)☆★

 さて、前回の続きです。今回は、ターゲットとするキーワードの選定につい
て、さらに詳しく触れていきます。
 まずは、下記のサイトにアクセスをしてください。
http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/?mkt=jp
 これは、「キーワードアドバイスツール」とよばれるもので、本来は「オー
バーチュア」という広告を用いる際に利用されるものです。
 「オーバーチュア」というのは、例えばYahoo!などの検索サイトでキーワー
ド検索をした際、本来の検索結果の上または右に、「スポンサーサイト」とし
て表示される広告スペースのことをいいます。

 では、表示されたページの検索窓に「美容室」と入力して、右側の△印をク
リックしてください。
 すると、「2006年2月」「キーワード」と表示され、その下に検索数とキー
ワードが表示されます。

  97597  美容室 
  14906  美容室 東京 
   9752  東京都 美容室 
   9044  美容室 大阪 
   7358  福岡 美容室 

 これは、例えば「美容室」というキーワードが、2006年2月の1ヶ月間に、
97597回検索されたことを意味します。
(なお、検索結果は月によって変わりますので、このメルマガを後日バックナ
ンバーで購読された場合には、上記の結果も当然異なるものになります。)

 では、次に「美容院」で検索してみましょう。先ほどの検索窓に「美容院」
と入力し、検索してください。すると

  87088 美容院
  21247 ホットペッパー 美容院
   8705 ホットペッパー 美容院 エクステ
   7768 美容院 名古屋
   7129 美容院 大阪

 という結果になります。

 さらに、「サロン」で検索してみましょう。すると

  45412  ネイル サロン 
  25585  オート サロン 
  21761  エステティック サロン 
  17317  ヘア サロン 
  15412  日焼け サロン 

 となります。これで判る事は、「ヘアサロン:17317件」というキーワードは
「美容室:97597件」「美容院:87088件」というキーワードに比べると、それ
ほど用いられていないということですね。
 また、東京では「美容室 東京:14906件」「東京都 美容室:9752件」が
非常に多いのに対し、「美容院 東京:1876件」「東京 美容院:1339件」は
それほど多くない事がわかります。
 東京では、「美容室」のほうが「美容院」よりも、検索キーワードとして多
く用いられていることが判りますね。
 一方名古屋では「美容院 名古屋:7768件」「名古屋市 美容院:706件」 に
対し「名古屋市 美容室:2684件」「名古屋 美容室:1975件」「美容室 名古
屋:1789件」と、「美容院」が「美容室」を上回っている事がわかります。
 もっとも、「愛知県 美容室:4266件」というのもあるので、判断は微妙で
すが・・・

 このように、「美容室」と「美容院」のどちらのキーワードをターゲットに
するべきかも、地域によって異なったり、サービス内容によって異なったりし
ます。
 これが「理容」の場合には「理容室」「理容院」「理髪店」「床屋」などの
キーワードが考えられますよね。

 ちなみに、私のウェブサイト
『理美容六法.com』〜理容室・美容室の経営法務相談室〜
のタイトルを決める際にも、 この点は悩みました。
 そこで、上記のサイトを使用して「美容室 経営」と「美容院 経営」をそれ
ぞれ検索してみたところ、「美容室 経営」の方が検索数が多い事がわかった
のですね。現在でも「美容室 経営:1283件」「美容院 経営:478件」となっ
ています。(次号に続く) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆法律の知識:新会社法で株式会社はどうなるのか?(5)☆★

 続いて、新会社法施行後の株式会社について書いていきます。今回は「会計
参与」を設置するメリットについて、取り上げていきます。

○会計参与を設置するメリット

1.計算書類の信頼性の確保
 今までの株式会社では、監査役を置いているとはいっても、その監査役は特
に会計の専門知識を持っているわけでもない親戚や知人が、名目的になってい
るという場合が多く見受けられました。
 会計参与を設置することによって、その会社の計算書類は、会計のプロであ
る公認会計士や税理士が、取締役と共同で作成することになります。会計参与
は、その計算書類の内容に対しても、重い責任を負わされますので、計算書類
の信頼性が上がります。
 計算書類の信頼性が上がれば、金融機関からの融資を受け易くなることが期
待できます。一部の金融機関では、融資先に対して会計参与制度の導入を勧め
ていたり、会計参与を設置した会社に対して金利を優遇する動きもあるそうで
す。

2.取締役の負担の軽減
 取締役が計算書類を作成する手間や、計算書類の内容を株主に説明する労力
を軽減することができ、より会社経営に専念できます。
 また、社内に経理に関して詳しい人間を確保できない場合に、経理部門を強
化できます。

3.監査役の設置が不要となる(株式譲渡制限会社の場合)
 取締役会を設置する会社は、原則として監査役(会)を設置しなければなり
ません。しかし、定款に株式譲渡制限の規定を設けている会社では、会計参与
を設置することによって、監査役の設置が不要となります。
 したがって、特に会計の専門知識のない、名目上の監査役を置くことをやめ
て、代わりに会計参与を設置するというのも、ひとつの選択肢になる訳です。

○会計参与制度は普及するか?

 新会社法が施行されると、株式会社の最低資本金制度も撤廃されるため、単
に「株式会社」というだけでは、社会的な信頼を得ることが難しくなるものと
思われます。
 この点で、計算書類を適正に作成し開示することは、「ウチの会社は、最近
ポンとできたそこらの株式会社とは違い、きちんと経営をしているんだ」とい
うことをPRする、ひとつの有効な手段になると思います。
 そして、計算書類の信頼性を確保するために、会計参与を設置することは、
これから経営者の方が考慮すべき、ひとつの課題になると思います。

 ただし、会計参与を引き受けることは、公認会計士や税理士にとっても、非
常に重い責任を負うことになります。そのため、実際には「なり手がいない」
のではないか、あるいは責任の重さに比例して、報酬が高額になるのではない
かということが、早くも懸念されています。
 その結果、現実には、会計参与を設置する中小企業は、それほど現れるない
のではないか、とも言われています。

 このあたりは、やはり「ふたを開けて見なければ、わからない」ということ
になりそうですね。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<ご注意>
 当メルマガの記事は、法律の専門家では無い方を対象に、なるべく解り易く
読んで頂けることを基本コンセプトにしております。したがって、内容の厳密
さという点では、多少いたらない点もございます。
 実際にこの記事に書かれているようなトラブルを抱えている方につきまして
は、当事務所もしくは他の法律専門家の方に、個別に相談されることをお勧め
いたします。

 ※当事務所ではすでに起きてしまった法的なトラブルに対する示談交渉、
  和解、訴訟代理等の業務は行っておりません。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<編集後記>
 前回の編集後記で「お花見」の話題を取り上げ、春爛漫といったところでし
たが・・・北陸地方の天気予報では今日から3日間「雪、ゆき〜!!」
 まあ、積もる事はないと思うのですが、まだまだコートが手放せません。
「は〜るよ来い、は〜やく来い♪・・・(このあとが出て来ない)・・・」

 ・・・それでは、次号もよろしくお願いいたします。・・・m(_ _)m

■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
 ○発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:magazines@ribiyou6pou.com
 ○本誌に掲載した記事内容の無断転載・転用・転送は一切お断り致します。
■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
    Copyright (C) 2006 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.
第22号へ ←|第23号|→ 第24号

メルマガ登録・解除
週刊「理容室・美容室の経営法務」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
このページは、サブウィンドウを使用して表示されています。
読み終えましたら、このウィンドウを閉じていただければ、メインページに戻ります。
検索エンジン等から直接このページに来訪された方は、こちらをクリックしてください。
『理美容六法.com』 ‐理容室・美容室経営の法律知識‐
Copyright (C) 2006 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.