メールマガジン 週刊「理容室・美容室の経営法務」 バックナンバー
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
  週刊「理容室・美容室の経営法務」 第28号 2006年5月3日発行
■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■□□□□□■■■■■
+=================================+
     <発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行>
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:mailmaga@ribiyou6pou.com
+=================================+
□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
 ○今週の記事
  ・今週の話題:ヘアケア・ヘアメイク、メンズコスメ市場調査
  ・耳寄り情報:理美容室経営者のためのSEO対策法(8)
  ・法律の知識:合同会社とはどんな会社か?(1)
*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

★☆今週の話題:ヘアケア・ヘアメイク、メンズコスメ市場調査☆★

 みなさま、こんにちは! 行政書士の森です。
今週も、どうかよろしくお願いいたします。

 今週の話題は、ヘアケア・ヘアメイク、メンズコスメの市場調査について。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=129882&lindID=4
 記事の内容については、私よりもむしろ読者の皆様のほうが興味を持って読
んでいただけると思います。一応ポイントを整理いたしますと、

・ヘアカラーの浸透によりダメージヘアが増加していることから、ヘアトリー
 トメントの需要が高まっている。
・シャンプー、リンス・コンディショナー、ヘアトリートメント、ヘアスタイ
 リング剤においても、ダメージケア訴求の商品が増加している
・ヘアカラーでは白髪用への注力度が高まっている。
・業務用では唯一、ヘアトリートメントが伸びているものの他の品目は横ばい
 または縮小傾向にある。

といった傾向が見られるようです。

 なお、下記のURLでは、より詳しい内容が書かれていますので、よろしけ
れば参考にしてみてください。(PDFファイルです)

http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/060428_06028.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆耳寄り情報:理美容室経営者のためのSEO対策法(8)☆★

 前回の続きです。前回はサイトのトップページのタイトルについて、なるべ
くキーワードを意識したネーミングを採用する事で、検索エンジンで上位に表
示され、サイトの閲覧者数を増やすことを考えてみました。
 しかし、キーワードを意識したタイトルを設定することは、何もトップペー
ジに限ったことではありません。検索エンジンを利用してサイトを訪れる閲覧
者は、常にトップページから入ってくるとは限らないからです。

 例えば、Googleで「美容室 開業」と入力して検索すると、私のウェブサイ
トのトップページ『理美容六法.com』 〜理容室・美容室の経営法務相談所〜
が、だいたい3位くらいに表示されます。
 ところが、同じくGoogleで「美容室 開設」と、微妙に異なるキーワードを
入力して検索すると「2-3.美容室の開設手続き」という、私のウェブサイトの
下部ページが3位と、トップページよりも上位で表示されます。
 同様に「美容室 衛生管理」「美容室 消毒」というキーワードでも、同じ
ように下部ページの方が上位に表示されます。

 このように、サイトの下部ページのタイトルも、検索エンジン対策として重
要な意味を持っているわけです。
 もっとも、Yahoo!では、これらのキーワードを用いて検索すると、Googleと
は全く違った検索結果が表示されます。このあたりはまた後述しますが、検索
エンジンごとに、SEO対策も微妙に違ってくるのですね。

 さて、これを皆様のお店のウェブサイトに当てはめて考えてみますと、例え
ばお店の地図のページについては、ページタイトルを単に「お店の地図」とす
るのではなく、例えば以下のように設定するとどうでしょうか?

・「サロン・ド・ロッポウへのアクセス 金沢市○○町123番地」
・「サロン・ド・ロッポウの地図 金沢市○○町123番地」
・「金沢市○○町の美容室 サロン・ド・ロッポウ 地図」

 また、メニューのページについても、単に「当店のメニュー」とはせずに
・「サロン・ド・ロッポウ 美容料金表」
・「美容室 サロン・ド・ロッポウ 料金表」
・「サロン・ド・ロッポウのお値打ちメニュー」

 実はタイトルをこのようにすることは、単に検索エンジンの上位を狙うこと
以外にも、別の狙いがあります。

 単純に考えて、検索結果にページタイトルが表示されたときに、そのページ
が「お店の地図」「お店の料金」というタイトルだったとしたら、いったいど
のお店の地図、料金表なのかさっぱりわかりませんよね。

 こういった意味でも、サブページのタイトルは重要になってくるのですね。
(次号に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆法律の知識:合同会社とはどんな会社か?(1)☆★

 新会社法が施行されたことに伴い、新たに「合同会社」という会社の設立が
認められるようになります。
 そして、この「合同会社」、実は小規模な理容室・美容室にぴったりの会社
組織なのです。その理由はまた順次掲載していきますが、とりあえず今回は、
「合同会社」とはどのような会社なのか、その概要を説明していきます。

○合同会社とは?

 新会社法で新たに設立が認められるようになる「持分会社」の一種です。た
だし、合名会社や合資会社とは異なり、その社員(出資者のこと)は株式会社
や有限会社と同様に、すべて「有限責任社員」です。

 一方で、株式会社などと異なり、法律の規制が緩く、比較的自由に会社の内
部組織や利益配分のルールなどを決めることが出来るというメリットや、設立
手続きが簡単で、費用も安いというメリットがあります。この点は、従来の合
名会社や合資会社と同様です。

 つまり、合同会社とは、従来の株式会社・有限会社のメリットである「有限
責任」と、合名会社・合資会社のメリットである「会社運営の自由度が高く、
組織もシンプルで設立費用も安い」というメリットを、両方備えている会社組
織であるということが出来ます。

 なお、このような会社形態は、欧米ではすでに導入されていました。アメリ
カではLLC(Limited Liability Company)と呼ばれ、その数はすでに100万社
にも達し、おもに金融・保険・不動産・リース業やサービス業などで活用され
ています。
 そこで、「合同会社」のことを、「日本版LLC」と呼ぶこともあります。


○有限責任社員とは?

 「有限責任社員」とは、もしも会社が倒産したようば場合に、自分の出資し
た割合でのみ責任を負い、それ以上の責任は負わない社員(出資者)のことを
いいます。合同会社の社員のほか、株式会社の株主なども有限責任社員の一種
です。

 一方、「有限責任社員」の反対が「無限責任社員」です。「無限責任社員」
は、会社が倒産したような場合には、出資した範囲に関係なく、全責任を負い
ます。合名会社の社員などがこれに当たります。

 例えばAさんという人が、ある会社に400万円を出資していたとします。
その後Aさんが出資していた会社が倒産した場合に、もしもAさんが「有限責
任社員」であるときには、Aさんは出資した400万円は諦めることになりま
すが、それ以上の責任は負わなくてもいいということになります。

 一方、もしもAさんが「無限責任社員」であるような場合には、その会社が
倒産して、会社に残った財産だけでは銀行や取引先などの債権者たちに債務を
返済しきれないような場合には、Aさんは自宅など、自分個人の財産を売り払
ってでも、債務を返済しなければならなくなります。

 このように、「有限責任社員」は、「無限責任社員」に比べて、その責任の
範囲が限定されています。したがって、もしも友人などが経営する会社の「無
限責任社員」になってくれと頼まれた場合には、よほどその友人が信用できる
人間でない限り、あとでとんでもないことにもなりかねませんが、「有限責任
社員」になってくれと頼まれた場合には、出資したお金がパアになる可能性は
あるものの、それ以上の責任は負うことはないので、比較的引き受けやすいと
いうことになります。
(もっとも、この場合でも、保証人になっていた場合や、共同経営者として参
加していた場合には、別の責任を負う可能性はあります。)

 逆に言えば、「有限責任」の方が、「無限責任」よりも、はるかに出資者を
募りやすいということになります。
(次号に続く)

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<ご注意>
 当メルマガの記事は、法律の専門家では無い方を対象に、なるべく解り易く
読んで頂けることを基本コンセプトにしております。したがって、内容の厳密
さという点では、多少いたらない点もございます。
 実際にこの記事に書かれているようなトラブルを抱えている方につきまして
は、当事務所もしくは他の法律専門家の方に、個別に相談されることをお勧め
いたします。

 ※当事務所ではすでに起きてしまった法的なトラブルに対する示談交渉、
  和解、訴訟代理等の業務は行っておりません。

□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□〓〓〓〓〓□□□□□
<編集後記>
 いよいよ、今月1日より会社法が施行されました。
 この「会社法」については本文でもすでに述べていますが、中小企業の経営
者にとっては非常に重要な法律となりますので、ぜひその内容を把握し、経営
に活用していただくようお願いいたします。

 なお、この会社法に関しては、知り合いの行政書士と共同で新たに別のウェ
ブサイトを立ち上げましたので、よろしければそちらもご覧下さい。
 「新会社法Guide」 http://new-companylaw.value-guide.org/

 それでは、次号もよろしくお願いいたします。

■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
 ○発行元:行政書士 森法務事務所 毎週水曜日発行
  URL:http://www.ribiyou6pou.com/ MAIL:mailmaga@ribiyou6pou.com
 ○本誌に掲載した記事内容の無断転載・転用・転送は一切お断り致します。
■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■〓〓〓〓〓■■■■■
    Copyright (C) 2006 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.
第27号へ ←|第28号|→ 第29号

メルマガ登録・解除
週刊「理容室・美容室の経営法務」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
このページは、サブウィンドウを使用して表示されています。
読み終えましたら、このウィンドウを閉じていただければ、メインページに戻ります。
検索エンジン等から直接このページに来訪された方は、こちらをクリックしてください。
『理美容六法.com』 ‐理容室・美容室経営の法律知識‐
Copyright (C) 2006 Yoshifumi Mori. All Rights Reserved.